厳しい寒さも緩んできた頃……。
トクトク制度による留学期間が終わり、累が札幌へと帰る日が近づいていた。
それは湘南海陵高校に来て、出会い、心を交わし、かけがえのない存在となった人たちとの別れを意味していた。
残された短い時間……、累たちはどのような想い出を残していくことになるのだろうか?

それぞれの「その後」をオムニバス形式で送る、愛しい人たちへのラブストーリー

2018年3月に発売し、19年にわたるシリーズの掉尾を飾った『メモリーズオフ -Innocent Fille-』(以下、本編)。そのファンディスクは、これまでのシリーズ作品と同様に各エンディングの続きをお届けするオムニバスストーリー。ヒロインたちとのそれぞれのハッピーエンド後の幸せな時間を存分に楽しめる。

これは、かけがえのない想いが後に紡ぐ
――恋の行先。


幸せを選ぶ選択システム「R.A.I.N.s」

季節は春……。
姉妹校同士の交換留学制度、通常トクトク制度の期間が終わり、主人公・楠瀬累が札幌へと帰る日が近づいていた。それは湘南海陵高校に来て、出会い、心を交わした人たちとの別れを意味している。
残された短い時間。累たちはどのような想い出を残していくことになるのだろうか?

本編では切り捨てる方を選び、ライト展開、シリアス展開を分けていく重要な決断を促すシステムであった「R.A.I.N.s」
ファンディスクでは、幸せな選択と幸せな選択。
どちらにしても幸せな選択が待っている?
ウィンドウに映る表情などがヒントとなる。
これがメモオフ式のいちゃラブだ!

【ファン待望の展開も! 】

本編のヒロインエンド後から、いちゃラブ10倍増し!全てのキャラに幸せな「これから」を約束!!
本編での辛さあっての幸せないちゃラブを堪能できる。しかし、ただのいちゃラブゲームではない!?
しっかりとしたストーリーと甘い展開にスパイスを与えるシリアスさも忘れていない。ファンディスクでもやはりメモオフシリーズなのだ。

【ファン納得のスタッフ、キャスト陣!】
田村ゆかりが演じる第1作目のヒロイン音羽かおるが新たにゲストキャラとして登場!

キャラクターデザインは漫画家、イラストレーターの「平つくね」、ゲストキャラクターとして新たに登場する音羽かおるは、オリジナルデザインの「ささきむつみ」が担当。
オープニングテーマは、本編『メモリーズオフ -Innocent Fille- forDearest』に続き、メモオフシリーズで数多くのテーマ曲を歌い続けてきた「彩音」が、今作では作詞も担当!
エンディングテーマは、第6作目、7作目にも参加したガールズユニット「Zwei」が担当し、最終作に相応しい布陣でシリーズ掉尾を飾る。

■キャラクター&キャスト
楠瀬 累(CV:坂 泰斗) 嘉神川ノエル(CV:千本木彩花) 三城柚莉(CV:武石あゆ実)
三城琴莉(CV:本渡 楓) 志摩寿奈桜(CV:徳井青空) 日紫喜瑞羽(CV:矢作紗友里)
三城莉一(CV:鈴木裕斗) 稲穂 信(CV:間島淳司) 汐鐘京子(CV:桜井みき)
相葉詞乃(CV:平流エレン) 神崎美咲(CV:吉田仁美) 双海詩音(CV:利田優子) 音羽かおる(CV:田村ゆかり)